視力が回復

レーシックを受けた方の体験談

インターネットや雑誌などでレーシックについて調べていると様々な体験談が掲載されています。
また友人や知人、会社の同僚など身近な人の中にもレーシックを受けた人がいるかもしれません。
もし貴方がこれからレーシックを受けてみようと考えているのでしたら、レーシックの情報サイトやクリニックのホームページだけを参考にするのではなく、きちんと第三者の体験談を参考にすることが大切です。

体験談というのは他のどんな情報よりも参考になるハズです。
良かったことはもちろん、悪かったことや納得出来なかったことなども知ることが出来ます。
レーシックの体験談の中に「レーシックを受けて人生が変わった」という感想をよく見かけます。

これは決して大袈裟なことではなく、これまでコンタクトレンズやメガネをして生活をしてきた人というのは、それらに頼らない生活になると本当に人生が変わったと感じるものです。
シャワーをする時、プールや海に出掛ける時、睡眠時などわざわざ視力補正器具を外す必要はありません。
逆にテレビを観る時や本を読む時、車を運転する時なども裸眼で不自由無く楽しむことが出来ます。

実際にこれらを体験してみると「人生が変わった」と感じることでしょう。
裸眼で生活をしている自分を一度想像してみてください。
また意外に多いのが「手術ということで怖さがあった」ということです。

確かにレーシックを受ける前というのは誰もが怖さを感じるかもしれません。
しかしこのような体験談の場合、「安心してレーシックを受けることが出来ました」などとレーシックに対するイメージが大きく変わっているのがよくわかります。
痛みはあるのか?失明の危険性は無いのか?など、レーシックと言っても外科的手術となりますので最初は恐怖感があるのは仕方がありません。

しかしレーシックは点眼麻酔をしますので術中の意識はありますが痛みはありません。
またこれまでに世界各国でレーシックが行われていますが失明したという報告はありません。
つまり安心安全に受けることが出来るのです。
コンタクト&メガネvsレーシック徹底比較についての記事も興味深いです。

このページの先頭へ