視力が回復

レーシックでここまで視力が回復

レーシックを受けようと検討している人にとって最も気になるのが「どの程度視力が回復するのか?」ということなのではないでしょうか?
現在ではレーシックの技術も飛躍的に向上しており、患者の約9割以上の人が1.0以上回復しています。
視力が1.0あれば自動車もコンタクトレンズやメガネを使用することなく運転をすることが出来ます。

もちろん普段の生活に不便を感じることも無いでしょう。
ただしこの視力回復の度合いは近視の状況によって変わってきます。
例えば通常の視力が0.01以下の、いわゆる強度の近視の方は、レーシックを受けたとしても1.0以上の視力回復を期待することが出来ないケースもあります。

ではどうして近視の程度によって視力回復の度合いが変わってくるのでしょうか?その理由としましては「角膜を削る量」となります。
強度の近視の方というのはその分角膜を厚く削る必要があります。
しかし角膜を削ることの出来る量には限度があり、強度の場合、どうしても中途半端な治療となってしまい、1.0以上になるまで調整をすることが出来ないこともあるのです。

しかしご安心ください。
強度の近視の方もレーシックを受けることは出来ます。
先述した通り、1.0以上の視力回復を実現出来る可能性は低くなりますが、0.8や0.9といった視力でしたら十分に期待することが出来ます。
0.8あれば、特に不自由することなく普通に生活をすることが出来るかと思います。

レーシックを受ける前には必ず事前検査が行われます。
この検査によって、どの程度の視力回復を見込むことが出来るのかを知ることが出来ます。
担当の医師に「どのくらいまで視力を取り戻せますか?」と確認をしてみてください。
かなり的確な治療後の視力状態を教えてくれます。

もし0.8程度までしか回復しないという診断結果が出ても、最終的に決めるのは貴方自身です。
その程度でも納得出来るのでしたらレーシックを受ける価値は十分にあります。
ある程度費用が必要なレーシックですから慎重に検討をするようにしましょう。

このページの先頭へ