視力が回復

レーシックは保険適用される

レーシックを受けることによって、夢にまで見た裸眼生活を実現することが出来ます。
まだまだ新しい医療技術のレーシックですが、飛躍的な進化を続けており、その安全性は確立しています。
最も心配なのは失明の危険性だと思います。

しかしご安心ください。
これまで世界中でレーシックが行われていますが、失明をしてしまったという報告は一切ありません。
ただどんなに安全性の認められているレーシックと言いましても、手術です。

どんなに小さな手術だったとしても100%成功する手術は存在しません。
医師の説明を受けて納得した上で手術を受けるようにしましょう。
手術の安全性とリスクを理解することが出来たら、次の悩みは費用の面です。

残念ながら自由診療ですので国民保険は適用外となります。
つまり、クリニックが定めている手術費用を全額実費で患者が負担しなければいけないのです。
どんなに安かったとしても10万円前後は必要になる治療ですので、気軽に「レーシック受けよう!」と思えるものではありません。

でもちょっと待って下さい。
国民保険以外に、貴方が個人的に加入をしている民間の医療保険はありませんか?もしかしたらその保険はレーシックも対象となる可能性があります。
全額保険で負担することが出来るワケではありませんが、多少なりとも実費負担を軽減することが出来ます。
もし医療保険に加入しているのでしたら、保険会社に問い合わせをしてレーシックが保険対象となっているのかを確認しておきましょう。

しかしレーシックは例外的なものですので、過度な期待は出来ません。
少しでも保険が適用されたらラッキー!程度に考えておいた方が良いかもしれません。
民間の保険に加入をしていない方は、残念ながら全額実費を支払う必要があります。
しかし少しでも料金を抑えたいと考えているのでしたら、利用出来る人は限られますが、紹介制度や、学生なら学割といったことを実施しているクリニックもありますのでホームページをよく確認してみてください。

このページの先頭へ