視力が回復

レーシックとドライアイの関係

ドライアイって知ってますか?目が乾いてしまい、しょぼしょぼし目薬を差さなければ目が充血してしまったり、疲れやすくなってしまいます。
このドライアイはレーシック後の合併症として引き起こしてしまう可能性のあるもので、レーシック自体は成功をしても、ドライアイになってしまうこともあります。
万が一ドライアイになってしまっても涙が出なくなってしまうワケではありません。

ドライアイを改善するために専用の目薬を差して治療をしていきます。
もちろん全ての人がレーシック後にドライアイになるワケではありません。
ただその可能性は十分に考えられますので、術前には医師から必ず説明があります

その説明段階ではあまり気にしていなかったとしても、実際にドライアイとなると、何かと不便なことが出てきます。
もちろん一生ドライアイのまま生活を送っていくワケではありません。
完治するまでに個人差がありますが、早ければ数日で改善することもあります。

ただ非常に低い確率ではありますが、一生ドライアイの症状が残ってしまうこともあります。
そうなると普段の生活にも支障が生じてしまうこともあります。
ですので、レーシックを受ける前には、必ずアフターケアとしてどこまで面倒をみてくれるのかを直接医師に確認をしておくようにしましょう。

ドライアイの治療に使用する目薬は、基本的に無料アフターケアの一つとして組み込まれているクリニックが多いですが、中には有料のケースもあります。
レーシックで高い費用を出して、さらにドライアイでまた費用がかかってしまったら何だか損をしたような気分になってしまいます。
ドライアイだけの治療ではなく、術後検診や再治療、相談、その他考えられる合併症を無料でケアしてくれるクリニックを選ぶと、安心出来ます。
このようにレーシックを受ける前にはレーシックそのものだけではなく、アフターケアや再治療など、予め確認をしておかなければいけないことがありますので忘れずに確認をしておきましょう。

このページの先頭へ