視力が回復

どんな手術方法?

手術という名前が使われているということで、メスを眼球に入れると勘違いされている方が実際に多くいます。
しかしレーシックは手術と言いましてもメスは使用しません。
特殊なレーザーを使って進められていきますので、眼球を傷つけてしまうことはありません。

またこれまでレーシックが原因で失明をしてしまったという事例もありませんので危険性は低い手術と言えます。
それではレーシックはどのように進められていくのでしょうか?簡単にその手術方法をご説明させて頂きます。
まず点眼麻酔を施します。

全身麻酔ではありませんので、身体に大きな負担をかけてしまう心配もいりません。
機器を使ってフラップと呼ばれる膜を作成します。
フラップは全て切らずに一端を残しておくことになります。

これは後で戻すことが困難になってしまうからです。
フラップを作成する機器はクリニックによって異なりますが、やはり旧式と最新式とでは性能が大きく異なり、旧式なほどこの時点で失敗をしてしまう可能性が高くなるようです。
そしてエキシマレーザーを使って角膜を薄く削っていきます。

最後に、最初に作成したフラップを元に戻し、抗生剤を点眼して終了となります。
両目の場合は、これらの手順を繰り返します。
片目で約15分程度で終了しますので、長くても30分あれば両目のレーシック手術は完了します。

事前の検査よりも短くなっていますが、これは入念な検査をしているからです。
ある意味でレーシックで最も大切なのは事前検査であり、検査自体はもちろんのこと、きちんとレーシックについて詳細まで説明をしてくれる医師で無ければ、お断りしましょう。
何よりも患者と医師の信頼性が大切なのですから、患者目線で親身になって相談をしてくれない医師はとても信頼することは出来ません。
実際にレーシックを受けた人の体験談を確認してみますと「想像していたよりも早く終わってびっくり」「え?もう終わり?」という書き込みが多く見られます。

成功率が比較的高い手術として有名なレーシックですが、中には失敗してしまっている人もいます。
その失敗例がこちらで紹介されていますのでご覧ください。

このページの先頭へ